なぜ小さいペニスの人と大きいペニスの人がいるのか?

食事改善でチンコを大きくできる?

手段というのはメンズサプリや増大手術だけではありません。食事や睡眠などの生活習慣を変えることにより男のチンコへ近づくことができます!

普段の食事で増大!

食事というのは増大を志す上でとても大切な要素をもっています。

漢方系のトンカットアリや高麗人参などの精力増強成分は普段の食事でも取り入れることが難しいと思います。

以上のような理由から、ここでは比較的手に入りやすくて食事にしやすいものを中心に紹介していきたいと思います。

脂肪分が少ない赤身の肉を食べる

豚肉や馬肉などの赤身にはタンパク質やビタミンやミネラルがたくさん含まれているので、肉体を構成する素材が豊富に含まれています。

肉類に含まれているタンパク質には豊富なアミノ酸が含まれていますし、鉄分は血液のもととなります。

ですが、脂肪分が多い肉は体脂肪を増やしてしまうのでタンパク質が多い赤身の肉を使いましょう。

体脂肪が増えると血流が悪くなってしまうと言うデメリットがあるので、なるべく脂肪分をとらずに必要な成分だけを摂取できるようにしましょう。

豆腐などの大豆加工製品

豆腐や納豆などの大豆加工食品は良質なタンパク質を豊富に含んでいるので、ぜひとも毎日摂取したいものです。

他にも、納豆に含まれているナットウキナーゼという成分は血行促進効果があるので、貢献してくれます。

全身の血流が改善されると言うことは改善されると言うことなので、ギンギンさもパワーアップできるでしょう。

牡蠣

牡蠣はいろいろな食材がある中でも亜鉛の含有量が一番多いと言われているくらいです。精子の生成に欠かせないと言われている亜鉛はたくさん摂取しておくことに超したことはないでしょう。

また、代謝をアップしたり免疫力を向上させたり精神の安定にも貢献してくれるといわれているものなので積極的に取り入れたりミネラルです。

ゴーヤ

当サイトでも紹介している成分の一つであるシトルリンは日本人がスイカの中から発見したものなのです。

シトルリンも数ある食材の中でスイカが一番多く含まれているといわれています。キュウリなどの瓜類にもたくさん含まれているので、スイカがなくても取り入れることがしやすい成分です。

以上で紹介しきれなかった食材にも精力に効果を発揮してくれる食品はたくさんあります。

ニラやアスパラや青魚がこれにあたります。一番大事なことはこれらの食品を継続的にバランスよく取り入れることです。

シトルリンがスイカにたくさん含まれているからといって瓜類などばかりをたべるのではなく、バランスよくいろいろな食材を食べることにより貢献してくれるでしょう。

厳密にすべての素材を食べようとすると毎日の食事が大変になってしまうので、肉を食べたら次の日は魚を中心に、その次の日は野菜を中心にと日替わりでとっていくとやりやすいでしょう。

その中で、1ヶ月単位で上記で説明したようなシトルリンやタンパク質などをたくさん摂取できるようにしていくと効果があると思います。

熟睡できる環境

人間というのは睡眠時間が足りずに睡眠不足状態になると疲労が回復しなかったり、精神が不安定になったりといったいろいろな問題点があります。

他にも、睡眠時間が足りていても、質が悪いとホルモンの量が少なくなったりということもあります。

睡眠不足は老化の原因にもなりますし、血行が悪くなったりストレスは勃起力の低下にもつながったり、中折れの原因にもなったりします。

では、睡眠の質はどうやってあげるのでしょうか。以下に解説していきたいと思います。

睡眠の質を上質なものにするためには22時くらいに寝るようにすればいいといわれています。

この22時くらいの時間帯は成長ホルモンの分泌のゴールデンタイムと言われていて、睡眠をとるには完璧な時間帯といえるでしょう。

また、睡眠の直前までスマホなどの光をみていると、睡眠を誘導するメラトニンというホルモンが分泌されにくくなってしまうと言うデメリットもあります。

寝る1時間前までにはスマホやパソコンなどをやめて、熟睡できる環境を整えておきましょう。こういうことを継続的にやっておくことにより、成長ホルモンが分泌されやすい体になってしやすい体にもなることができます。

日常生活に運動をとりいれる

普段から運動をしていないと、血流の循環が悪くなってチンコへの血流量も悪くなって遠のくという悪影響があります。

肥満の人で勃起不全の人は比較的に多いのはこういった理由からです。逆に言うと適度な運動を普段から心がけている人は夜の性生活も充実しているという結果がでています。

血流の改善を心がけておくことにより、細胞の隅々にまで成分をいき渡せることができていっそう近づきます。

運動は散歩やジョギングなどの有酸素運動がおすすめです。有酸素運動をすることにより血流の循環をうながしてくれます。

有酸素運度は実はもってこいなのでせ。またスクワットなどの下半身を鍛えるトレーニングもおすすめでs。

精力増強以外にもセックス自体に体力が必要なので、間接的に夜の性生活を充実させることにもつながりますし、スクワットは勃起の筋肉をつかさどっているPC金という筋肉を鍛えることにもつながります。

アルコールをとらないようにする

確実に実現するためには食生活や運動の改善以外にもアルコールやタバコを控えるというのもおすすめです。

ここでは、お酒とタバコでそれぞれチンコにどういった悪影響を及ぼすのかを解説していきたいと思います。

お酒は血流促進効果があるので、飲み過ぎると悪影響があります。

アルコールを摂取しすぎるときに頭痛がおきるのは、解毒作用にエネルギーを使いすぎて他の健康維持機能に使うエネルギーが少なくなるからだと言われています。

またお酒を飲み過ぎた状態でセックスに臨もうとしてもチンコが勃起しにくくなるというデメリットもあります。

女性と一夜をともにするためにはアルコールが必要なこともありますが、適量がちょうどいいと思います。

次にタバコですが、タバコを吸うと毛細血管への血流量が弱くなると言うデメリットがあります。

毛細血管の血流量が悪くなると言うことはそのままチンコの勃起力に悪影響を及ぼすことにもなります。

タバコを吸ってアルコールも飲んでいる人はのんでも効果が半減してしまいます。

タバコを少なくして、お酒も少なくすることにより高めることができるでしょう。

なぜ小さいペニスの人と大きいペニスの人がいるのか?

男の自信を大きくするためにはペニスが小さい原因を知りましょう。ペニスが小さい要因には以下の三つのものがあるといわれています。

生まれつき

ペニスが短小な原因の一つとして遺伝というものが考えられます。

生まれ持った体質というと身長のようにどうすることもできないと思いがちですが、全く違います。

ここでいっている遺伝というのは生まれつきペニスのサイズが決まっているということをいっているのではありません。

ペニスの大きさがそもそも決まっているのではなくて、ペニスの成長に欠かせない成分が体内で不足しがちになると言うことです。

身長や顔の容姿などのように生まれ持った遺伝子でペニスのサイズが決まっているわけではありません。

筋肉が不足している

下腹部の筋肉が弱い人やふとっている人はペニスが小さい傾向にあるのは、下腹部からペニスにつながっている筋肉が少ないと言うことです。

ペニスは海面体細胞という細胞で構成されていますが、その周りを下腹部からつながっている筋肉とおしりからつながっているPC筋という筋肉で支えられています。

勃起状態というのはペニスを構成しているPC筋が緊張状態になることによりペニスが反り返ることにより勃起状態になります。

ここのPC筋の筋力が弱っているとペニスそのものが勃起しにくくなるのです。

ペニスを構成している筋肉が弱かったり太かったりしている人は、下腹部の脂肪を減らしてダイエットすることにより、ペニスが大きく見えるようになります。

包茎である

包茎状態というのもペニスを小さく見せてしまっている原因の一つです。包茎というのはペニスの先端に皮が被っている状態です。

年齢が若い頃は亀頭に皮が被っているのは普通の状態ですが、思春期を迎えてペニスが大きくなるにつれて自然と皮がむけて普通の大人のペニスになるようになります。

ですが、人によっては亀頭に皮が被ったままになり、通常時はもちろんのこと、勃起した状態でも亀頭に皮が被ったままの人もいます。

仮性包茎というのは、普通のペニスの時は皮が被っている状態で、勃起すると完全に皮が向ける状態のことをいいます。

真性包茎というのはその名の通り常に亀頭に皮が被っている状態のことを言います。

他にはカントン包茎というのもあって、皮の先端部分が細くなっていて、勃起すると亀頭を締め付けてしまう包茎のことをいいます。

上記のように包茎にはいくつも種類がありますが、どの包茎のタイプでも亀頭が皮にかぶっている状態のことをいいます。

亀頭に皮が被っている包茎という状態は、男の自信にはマイナス要因になってしまうのです。

包茎のペニスと正常なペニスでは数センチもさがあるといわれているくらいです。

包茎が原因でペニスが小さくなっている人は包茎をまず克服することによりペニスが大きくすることができるということです。